f:id:miya_ma:20121030011633j:image

わたしが通った大学は 1・2年が教養 3・4年が専門で

校舎は別のところにあり クラスメイトもがらりと変わる

この記事は 1・2年の頃のことである。

山から子ザルがやってきた・・・・神奈中バスで 降りてくる・・・・

高校もそこそこ 遠かった(オダキウ!)

予備校もそこそこ 遠かった(オダキウ!)

でもあの頃はそういうものだと 思っていた(オウ、オダキウ!)

例えば たぬき通りの奥にあった青山学院大学。

みんなが そういうものだ・・・通学は時間がかかるものだと 思っていた

大学に受かったとき それが遠いとは思わなかった

さらに遠い大学に通い 成績優秀 サークル活動も行い 充実した生活を送る姉がいたので

この山奥から 通うものだと 思っていた

小田急線で レッツゴー!

f:id:miya_ma:20121030011634j:image

大学にサークルというのがあるのは知っていたが

自分がそれに参加するものだとは 思わなかった

9時の講義に間に合うように行って

念仏みたいな話を 夢の中で右から左へ聞き流し

16時10分 授業を終えたら もうへとへと

小田急線で ゴーホーム!

新百合ヶ丘でウトウトしながらガラスに頭をぶつけ

18時台に家に帰れば母が料理を作っている

TVKでホエールズの試合を観ながら横になってウトウト・・・

 社会学

 論理学

 心理学

 社会思想論・・・

くるしい、なんなの、パンキョー、苦しすぎる、何を言っているんだろう・・・・本もあるのに、いったい何が言いたいのだろう・・・・これらを理解できないと、卒業できないどころか 進学できない・・・・だけど パンキョー、わたしの人生にそれが何か関係あるのか、ああ、とにかく眠い・・・とにかく横になりたい、横になりたい、むだ毛がいやだ、視線がいやだ、教室の電灯は眩しすぎる、寝ていたい、社会思想論なんて、日本語だけど意味不明で、なにが、どう、わたしの、頭の中味とつなげていいのやら・・・・

望遠鏡で観る月の上で行われている演劇のなかの講義・・・・・

結局「社会思想史」落としてしまい、翌年「法学」を900番教室で受けることになる、

・・・法学、邦楽なら楽しいのに、法学、もっと わけが わからない・・・・ああ、法学落としたら進学できない、だけど、す・すいまが・・・・すいません・・・・オルガンのあたりで、寝てばかりいた、法学・・・。

神様 お願いです。

卒業したいです。

進学したいです。

それ以上のことは何も望みません・・・・。

サークルにも入らず友だちとも遊ばす旅行にも行かず恋もせずにいてこの成績か

夏休みには教科書片手に泣きながら勉強してこの成績か

数学も物理も社会思想も法学も情報処理も判らない判らないと

わたしが家でいつも泣いているので

母が

姉(数学科)の知り合いに 家庭教師に来てもらおうかと提案した

大学いっかにぶんのいち年生

f:id:miya_ma:20121030011635j:image

そのころを忍ばせる写真は これ一枚だけである。

サークルも入っていない

大学では友だちもいない

シケプリもない

シケ対のEさんがシケプリを送ってくれたがそれを理解する頭脳がない

夢は「進学・卒業」だから

卒業から先の将来なんて とても 考えられない・・・・

・・・ある朝 おだきうで G痢をした

いや、最終的には 間に合ったのだが、

腹部にいやな予感があったのに、下北沢までがんばろうと・・・・

成城学園前で閉まるドア。

その途端はじまる あの 痛み・・・・

(上りですけど下りです)

オダキュルキュル小田急 

あの頃 急行は徐行して・・・千歳船橋手前で止まる・・・・やけに静かなラッシュの車内・・・

<・・・・ああ、この腹痛を誰にも知られてはならない>

わたしの膝ががくがくと震えた

ウォークマンも 読書も そういう時には何の役にも立たないことを 知った

あの日から 「電車に乗ること」が 胃腸にへばりついて 離れない・・・・

綺麗な姿の車掌の存在が 脳裏にへばりついて・・・困っている・・・・

問題は<腹痛>じゃなくて<知られてはならない>ことが問題なのだと あとから 気づいた・・・

つらい 言えなかった

助けて 言えなかった

やりたいこと 浮かばなかった

お腹痛い 言えなかった

さびしい 言えなかった

打開策を考えすらしなかった

何しろ朝に弱すぎて ほとんど目が覚めていなかった

だけど 朝に弱いって 気づけなかった・・・・

自分が何か弱い人間だなんて 思ったことがなかった・・・・

夜型人間になった今なら 

好きなことが 言えるのにね・・・

あんた あんがい幸せになるよ って 今から 言ってあげたいです