余っているRaspberryPi2を有効活用するよ

同じく余っているwebカメラと組み合わせて監視カメラを作ります

ネットで調べるといろんな人がすでに同じことをやっているので、特に目新しさはないです

外出先から確認したいので、以下のような構成にします

webカメラ→raspberrypi→DropBox←スマホ

撮影はcrontabで一時間おきくらいに設定する予定

というわけでまずは撮影部分
とりあえずデスクトップに保存するようにしておきます
言語は当然Python

import subprocess
from datetime import datetime

imname = datetime.today().strftime("%Y%m%d%H%M") + "_wcam1.jpg"

ipath = "/home/pi/Desktop/" + "/"+imname

cmd = "fswebcam --no-banner -r 1920x1080 -D 5"+" "+ipath
subprocess.call(cmd,shell=True)

撮影にはfswebcamを利用しており、画像の名前は撮影日時になるようになっています

インストールは簡単

sudo apt-get install fswebcam

う〜ん、fswebcamの撮影は結構癖がある
現在調整中

参考にさせていただいたページ
qiita.com