誰向けなのかわからないアパレルやら雑貨店が入れ替わるのは影響ないのであるが、

1.OLD NAVYがつぶれて1ヶ月以上経っていた

なお後釜は不明である。色々シャッフルしてGUが増床になったりして(あり得る)

2.ソフマップがつぶれた

もう覚えている人も少なそうだが当初はマザボやビデオカードの自作品まで扱っていたのにカメラ・スマホ・ノーパソ程度になったあたりから全く価値がなくなってしまった。GEOの中古スマホは順調に見えるのでよほど商売が下手だったと言わざるを得ない。

3.ポケモンセンターが大丸8階に移動していた

エスタ9階→大丸8階。これが一番驚いたかもしれない。何しろ移転する意味が見いだせないからである。せっかくビックカメラでおもちゃを買ってポケモンセンター、という流れがあったのにそれを経ってどうするという感である。もしくは親が大丸で服を選ぶ間に子供はポケモンセンターで遊べということなのか。わからん、まったくわからん。
なお跡地にはアイカツ!のゲーム?が置いてあった。

Games

本日16時でFEヒーローズのミッション更新。これでしばらくスタミナ消化に困らなさそうだ。

http://www2p.biglobe.ne.jp/~t_ueno/DAC/atapi_ctl/
これだ!!!!!これで勝つる!!

情報によれば

海外で早くもソフトを入手したプレイヤーが

マルチサーバーで遊んでいるようです

ということは公式でサーバーを開放していることになります

日本ではフラゲした人が遊ぶのは明後日あたりでしょうか?

正直羨ましいですが・・・・ズルイ!!!の一言( ゚Д゚)

ダークソウルみたいにプレイヤー狩りとかないかしら?

発売日が楽しみですね!

日本はおとなしく待ちましょう!!!我慢です。

このゲーム発売するからPS4買うって人も

多いんじゃないですかね?

ゲームの影響力って偉大です!っていうか

そういう風に筐体が変わっているので仕方ないですが笑

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

PlayStation 4 ジェット・ブラック 500GB(CUH-2000AB01)

  • 出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 発売日: 2016/09/15
  • メディア: Video Game
  • この商品を含むブログ (3件) を見る

コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア レガシーエディション 【早期購入特典】「TERMINAL BONUS MAP」×「ZOMBIES IN SPACELAND PACK」&「CALLING CARD セット」 「Hellstorm Animated Personalization Pack」DLCコード封入

コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア レガシーエディション 【早期購入特典】「TERMINAL BONUS MAP」×「ZOMBIES IN SPACELAND PACK」&「CALLING CARD セット」 「Hellstorm Animated Personalization Pack」DLCコード封入

  • 出版社/メーカー: ソニー・インタラクティブエンタテインメント
  • 発売日: 2016/11/04
  • メディア: Video Game
  • この商品を含むブログを見る





ポチっと応援してくれると嬉しいです( *´艸`)
にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング(ゲーム)

どうも、現在非常にテンションが下がっております、東急川越です。


というのも、本日の藤井一般、ステラボールは取れたんですがeXが取れなかったんですよね、、、


正直こういったフェス系の会場では(もちろんロジャポみたいないつも見ているグループも見たいけど)普段見れない(あるいは見ない)グループを見るのが醍醐味だと思うんです。


だから、そういう観点で言うとeXが本命だったといっても過言ではありません。


ま、ステラでばってん少女隊が見れるから多少はね?と言ってしまえば簡単な話ですが、、、

 

 

どなたか8日のeXのチケット余ってたら譲ってください。

 

 

 

 


時は遡り昨日のお話です。


昨日ははちみつロケットの50本勝負ライブ@原宿アストロホール(1部)を見てきました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161209233516j:plain


今回の最大の目的は「塚本颯来の声を生で聞くこと」でした。


もちろん澪風や公野舞華を見るという目的もありましたが、塚本颯来の声は生で聞くことに意味があると前回の渋谷マルイで実感したので。


結論から言うと、目的は大いに達成できました。


そしてまたひとつ収穫もありました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161209234035j:plain

 

1部の入場は15分遅れてスタート、ライブ自体は5分ほど遅れてスタートといったところでしょうか。


スタッフ「開場時間が押しそうです、会場内最終調整に入っております、今しばらくお待ちください」


こんな感じのアナウンスがありましたが、日が陰ってきたタイミングで15分って結構寒かったですね。


(そういえば今回エスタシオン(ライブ運営)の人私服だったな、、いつもは黒いジャンパー羽織ってるのに。)

 


今回のライブで一番驚いたのは客入りが非常に少なかったこと。


乗合バス1台に詰め込めるくらいの人数だったと思います。


あ、乗合バス1台は満員まで詰め込んで65~75人くらいです。


毎年9月のはじめ頃にバスに人を誘導する業務をこなしているのでこんな感覚なんです、私。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161210141320j:plain

ちゃっかり終赤(最終バスを表す赤線の囲み)が入った写真をチョイス


なので、この感覚はあまり参考にならないと思います()


要は100人は入ってなかっただろうってことです(入ってたらごめんなさい)

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161210000036j:plain

Twitterに2部の写真あがってたけど1部はこんなにいなかった。

 


ライブは(個人的には大好きな)はちロケ町物語からはじまります。


私のようにあんまりはちロケ現場に行けていない人のために澪風が前日ブログをあげてくれました。

 

ameblo.jp


こういうのほんとありがたいですね。


そして今回の概要は森氏がブログにあげてくれました。

 

ameblo.jp


前回と立場逆転、ということでいいのかな・・・?


玉は6つ集まりました、あと1つです。


さぁ次回はヨシヒコ本編のように焦らすんでしょうか、それとも仏総集編でもやるのかな?

 


肝心の曲は恋メラに始まりなにがなんでもで終わる。


ちゃんとお願いメテロティスもやってくれました。


メテロティスの颯来の声こそ格別なのです。


大好きすぎてLINEのひとこと(正式にはステータスメッセージ)に設定してるくらいです。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161210130518j:plain


今回私は右端ほぼ最前列でじっくり見ていました。


拍手と手拍子くらいはしたけど基本何もせず、7人全員みっちり観察


はちロケのコール全然知らないし、じっくり見るのに最適な環境が整っていたんです。


各々の魅力を堪能することができました。


特典会も(新規に厳しいシステムだけど)全員と10秒ずつ話せるというものだったので、本当に今回は「はちみつロケット」というグループを丸ごと見られたと思います。


まぁほんとのところはロッカジャポニカのように「お好きなメンバーの列にお並びください」がいいんですけどね。


話すネタがないメンバーももちろんいるわけで、お互い気まずくなるじゃないですか?はちロケのシステム。


まぁこれは致し方ないことだけれども。

 

 

特典会も踏まえて、メンバー評。

 

 

言うまでもなく塚本颯来の声は美しいんですが、それだけじゃなく動きの一つ一つが〝可愛い〟んです。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161203201920j:plain


あまりの可愛さに特典会時に私は言葉を詰まらせてしまいました。


が、そこでさらなる一撃を食らったわけです。


「なぁに?」って感じで私がしゃべるのを待っている姿が可愛すぎたんです。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161209233621j:plain


こんな感じ。

 

これをさらに100倍可愛くした感じ。


10秒という短い時間の中で話さなければならないのに無言の時間があったことは自己評価として限りなく0点に近いものでした、今回の特典会。


でも、そんな中でのこれは「これはこれでよかったのでは?」と思えることだったわけです。

 


そして澪風は可愛いだけじゃなくカッコイイ面を持ち、尚且つ動きがセクシーなんです。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161210151413j:plain


誤解してほしくないので言っておくと、エロティックであることとは違います。


そして澪風ととある人物が似てるかもしれないと感じたんです。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161210132119j:plain


欅坂46の鈴本美愉です。


なんとなく似たものを感じました。


不思議なものですね。


元推しと似てるってこれ運命的なものを感じつつ嫌な予感もしてしまうんです。


どうか澪風には髪形を変えないでほしい、変えて別路線に行っちゃったらそれこそ幻滅してしまうから、、、

 


そして公野舞華。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161210153900j:plain


正直言うと昨日の記憶の中にあんまり公野舞華に関することがないんです。


良く言えばはちみつロケットというグループに溶け込んでいる、悪く言えば他のメンバーに埋もれているんですよね。


これは非常にもったいないことだと思います。


こんな逸材を上手く使えていないんだから、、

 


ライブ前の「自分的はちロケ3トップ」は

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161208204028j:plain

左から澪風、公野舞華、塚本颯来


この3人でしたが、今回のライブを終えてこれに1人加わりました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161210151409j:plain


森青葉です。


私の中での森青葉とは〝美女〟というイメージのみでした。


が、先日の渋谷マルイ、そして今回の原宿アストロホールを終えて、森青葉はあらゆる要素を兼ね備えていることに気づきました。


一言でいえば〝安定している〟んですよね。


MCでのトークも然り、その中での他のメンバーの発言の拾い方も然り、そして写真写り。


ライブ終了時に生写真について「今回も私が可愛く写っております」と言っていましたが、ほんとにその通りなんです。


塚本颯来の生写真は(悪くはないけど)微妙、公野舞華の生写真も悪くはない、まぁ澪風の生写真は比較的(というか普通に)よかったけど。

 

【参考画像】

f:id:tokyu_kawagoe:20161208213200j:plain

ちなみにサインは雨宮かのんでした。


そんな中絶妙な安定感を誇るのが森青葉。


生写真から「これが森青葉です」と言わんばかりの雰囲気を感じ取ることができる。


今後要チェックといったところですね。

 

 


ライブの途中にあった「ストレッチ」。


サボる人結構いたけどあれは台本だったのだろうか、それともガチな方でやりたくなかった・・・?

 

 


全体的なところを言うと、はちみつロケットはライブを見てナンボです。


いい曲が揃っていて、そのうえライブで化ける。(化けない人もいるとか言っちゃいけない)


(本当にやるのか知らないけど)100本ライブやるなら全通はできないけど3割くらいは行きたいところです。


ロッカジャポニカはライブよりかは特典会目当てで行ってしまうところがある。


本気でライブを楽しむならはちみつロケットだなと思うんです。


またどんどん金が消えてくなぁ、、、、

 

今度は13日のクリライですね、ユニットごとにやってくれるのかな?


楽しみで勉強に手が付きません。

 

???「もともとやる気ねぇだろ?」


おっしゃる通りです。


ナメてかかった2日目は無事大爆死しました本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

www.3bjr.com

 

物販情報が公開されました。

 

f:id:tokyu_kawagoe:20161209233640j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20161209233716j:plain

f:id:tokyu_kawagoe:20161209233725j:plain

生写真どれ買おうかな、、また金が消えてくよ、、、

どうも、こんにちは。

今度やる大会にサトシさんパーティで出ようと思ったんですが、メガ枠をリザXにして以前紹介したサポートグライオンと組み合わせようかなーとか思ってます。

pokeyuki.hatenablog.com

 

レギュレーションが種族値580以上禁止なのでガブやランドは出てきませんが、ドラゴン地面のフライゴンという神ポケモンが出てくることは予想されますね。

正直このままのパーティだとフライゴンで半壊もありえます。

とりあえず以下、育成論。

 

リザードン@メガ石

いじっぱりH252B20D236

(実数値185-165-134-x-135-120)

特性猛火→かたいツメ

ドラゴンテール/ニトロチャージ/鬼火/羽休め

f:id:PokeYuki:20150818003553j:plain

ステロ対策のHP奇数、いつものB<D調整。

かたいツメ補正の乗った一致ドラゴンテールは無振りでもそれなりのダメージになります。

具体的にはゲンガーに最大乱数で80%ほどのダメージが入ります。

ルール上、ほとんどのドラゴンが出てこれないのでドラゴンとの打ち合いは想定してないです。

ニトチャをどこかで積めば物理には上から鬼火、特殊はがっつりDに振ってるし耐性良いからなんとかなるだろみたいな(適当)

慎重での育成も考えましたが、いじっぱりだとH振りナットレイをステロ込みでニトチャ一回で高乱数で持っていけるのでいじっぱりにしました。

あと地味にH振りブレードギルガルドが確定一発になります。

普通リザXってサポートから竜舞なり剣舞なり積んで全抜きを狙うと思いますが、今回は抜きエースは電気玉ピカチュウさんに任せているので(真面目)、リザードンの役目は相手パーティをピカさんのダメージで落とせる圏内まで削ることにあります。

大体半分削れればピカさんがなんとかしてくれるはずです。

最悪、専用コマンド「かわせ!」を使えば良いので二発圏内には入れてほしい。

ちなみにパーティはピカチュウ、リザードン、グライオン、ラプラス、カビゴン、ヘラクロスで考えてます。

アニメはAGの途中までしか見てないですが、サトシのポケモンって御三家以外でまともに進化してるの少ないですよね。

ワルビアルとかムクホークも欲しいところですが、ピカチュウ中心に考えたらこの構成になりました。

地味に今まで鋼ポケモンをサトシが使ってくれてないのが困る。

そしてフライゴン、ドサイドンあたりの刺さり方が半端じゃない。

まあ、所詮ネタパーティなので完璧な構成は無理なんですが、可能な限りは頑張りたいです。


次回 

pokeyuki.hatenablog.com 


はじめまして。えると申します。はてなブログを始めること自体は初めてではありませんが、前のブログの更新が滞っていたのと、パスワードを忘れてしまったのでいっそ心機一転、ということで新たに始めることにしました。

簡単に自己紹介させていただきますと、女子大生でジャニヲタです。Sexy Zoneが好きです。それだけです。


そんでもって本題なんですが、今日12月13日で私がSexy Zoneに『出会って』1年が経ちました。最初は、飽き性なところがある私の一過性のブームなのかな~なんて思っていたら、あっという間に1年経ち、遂に先日ファンクラブに入会しました。会報めっっっっっちゃ良かったです。
ということで(?)心機一転しての初めてのブログはSexy Zoneに出会って1年の備忘録的な感じで彼らとの出会いとかをだらだら書かせていただこうかな、と思います。

出会い

上で『出会って』とか『出会い』とか書きましたが、別に本当に初見だったとかではなく、彼らのパフォーマンスをちゃんと見たのが1年前だったってことなんですが、それまでSexy Zoneのことはただ単に『知っている』グループとしての認識しかなく、初めてちゃんと目にした彼らがとても魅力的で、まるで『出会い』のような感動があったのでこう表現させていただきます。

で、その『出会い』というのは去年の12月13日、NHKのMUSIC JAPANでした。私、この日のMJ*1見た自分のこと褒めたいです。最初から「Sexy Zoneが出るから見よう」という気持ちは無く、「暇だし見てみようかな」ぐらいの気持ちだったのですが私のこの選択大正解!!!!トップバッターで出てきたSexy Zoneに全部持って行かれました!!!!その日披露していたのはカラフル Eyesでしたが、これがもう私の好きな曲調ドンピシャな上、それを歌うメンバーのお顔が綺麗!!そして曲終わりのトーク面白い!!!番組が終わる頃にはAmazonでカラフル Eyesの予約が完了していました。

でも、実は私、それまでSexy Zoneのこと知ってはいたけれど半ば意識的に避けてたんです。なんでかってメンバー三人になったりするし、Jrにあまり詳しくなかった私がなんとか知っていたのは健人くんと風磨くんだけだったのに風磨くんは髪なんか伸ばしてチャラついている。みたいな認識だったので…。今思うとあまりに失礼な認識なんですが、ここは自分でも後悔しているポイントなので許してください…。なので、周りには「私ジャニーズに関してDDだけどセクゾだけはハマらないから。ホントに」なんて言っていました。が、たった一回の音楽番組でこうです。

そして、この日Sexy Zone全体に対して印象が変わったんですが、特に、風磨くんに対する印象がガラッと変わりました。だって髪伸ばしてチャラついてるみたいなイメージだったのに、f:id:kf0303xoxo:20161211182046j:image
髪切ってるじゃん!!!そんでなんか可愛いんだけど!?!?
…とまずビジュアルで驚き、その後歌の上手さで驚き、トークでも驚き、風磨くんに驚かされっぱなしで、風磨くんの他にも、やけに高クオリティのディラン・マッケイのモノマネをする健人くんとか、ナチュラルに話を盛るマリウスくん、それに茶々入れる勝利くん、タートルネックを着ている女性に対して「やっぱトータル女子だよねー」と言う聡くん…など、私が彼らにそれまで持っていたイメージがどんどん覆されていきました。
それまで散々「セクゾにはハマらない」とか言っといてたった40分やそこらでここまで彼らの虜にさせられそうになっているのは正直恥ずかしかったのですが、私にはプライドというものがないので、あっさり番組が終わった後「Sexy Zoneいいじゃん!!!CD予約した!!!」とツイートしました。ホントにチョロいオタクです。私は。
こんな感じで1年前、私はSexy Zoneに『出会い』ました。ありがとうMJ……私とSexy Zoneを出会わせてくれて……

Sexy Zone Channelと年末の音楽番組

それから転がり落ちるように私はSexy Zoneにハマっていったのですが、原因は100%セクチャンと年末の音楽番組でバラエティでめちゃくちゃ面白い彼らと音楽番組でのキラキラアイドルの彼らを短期間に多量摂取(?)しすぎたせいです。特にセクチャン…あれずるくないですか…年相応にはしゃぐ年長組、君は天使か???天使だったんだな???と思わざるを得ないマリウスくん、天才的すぎる天然ボケをかましてくる聡くん。そんな4人に次々と職人のようにつっこみを入れていく勝利くん。そんで企画も焼き鳥食べてるだけ、とか足つぼに行くだけ、とかなのにすっごい面白い。理解より先に「この子らやばい」という感想が脳内を占拠するんですが、じっくり見ると5人の魅力がこれでもかと詰まってる。そんな番組だなって思います。セクチャンがセクガル量産機って呼ばれる理由も分かります。
年末の音楽番組に関してはただ単純に私の好きなカラフルEyesがいっぱい聴けたという理由に他ならないです笑。好きな曲をキラキラしたアイドルが歌って踊ってるのが本当に楽しくて仕方なかったですし、FNSではV6さんとコラボするセクゾがめちゃくちゃに可愛くてもう…!!少クラクリスマスSPのふまけん*2愛のかたまりは今でも定期的に聴きたくなります…。めっちゃ好きです…。
こんな感じにセクチャンと音楽番組のおかげで、Sexy Zoneにすごい勢いでハマりました…笑

2016

自担が自担のお父さんが作った曲を憧れの先輩と満面の笑みで歌うという夢のような光景で幕を開けた今年は本当にずーっと夢を見ているような気持ちでした。コンサートやイベントは受験と大学のオリエンテーションに丸被りして一切参加できませんでしたが、そんなこと気にならないくらいオタクしていて楽しかったです!!映画やってくれるし、ドラマにも出てくれるし、CDはアルバムとシングル合わせて4枚出してくれるし、DVDだって出してくれたし、テレビでいっぱい見られたしもうSexy サンキュー!って感じです!!中でも見てて一番嬉しかったのは嵐さんとの共演でした。私のジャニオタ人生の始まりは嵐なので、そんな5人と今一番大好きな5人がテレビ画面に一気に映っているというそのシチュエーションだけでも嬉しかったのに尚且つお互いが楽しそうにおしゃべりやゲームをしてるなんて最高以外の言葉ないです。最高。
そのほかにも8.25事件*3からのふまけんラッシュとからじらーやシブ5時決まったりとか今年も紅白出場できたりだとか毎日どんどん前に進んでいく彼らを追いかけるのは毎日本当に楽しいです。2017年ももう続々お仕事決まり始めてるので、応援するのが楽しみです!!でも欲を言えば5人の冠番組がまた見たいなぁ♡ねっお偉いさん♡*4

終わりに

本当はメンバー1人1人にも触れようかな~と思ったんですが、そうすると終わらなくなるのでやめました笑
またいつか機会を見つけてSexy Zoneについてじっくり書きたいなあとは思ってます。

ハマって1年、改めて考えてみて、彼らは私が想像するよりずっと輝いていて、その分傷つくこともあって、でも傷ついた分だけまた輝いて、を繰り返してきたグループだなあと思いました。平均年齢19歳、私と全くの同世代の男の子たちがそういう風にして五年間歩んできたんだと考えると尊くて切なくて眩しくて。Sexy Zoneを避けていた頃の私を助走つけてぶん殴りたくなるけど、どうせ一年前の今日になればSexy Zoneの虜になることは明白なので見逃しておいてやります。最近になって、「ちゃんと五年前から好きでありたかったな~」と思うことも増えたのですが、それはこれからの五年、十年先まで彼らを愛していくことで、私がファンじゃなかった頃の分の愛に変えられたら、とも思ってます。それくらいSexy Zoneが好きです。カラフルEyes出のセクガルの私はまだまだ新規ファンではあるけれど、2017年も、その先もずーっと彼らを応援したいです。いや、します。

本当にSexy Zoneのファンになって良かった!!毎日ときめきときらめきをありがとう!!大好きだよ!!Sexy サンキュー!!

2016.12.13

*1:MUSIC JAPANの略

*2:今年もふまけんで歌ってくれるみたいですね!!楽しみ!

*3:健人くんのソロコンに風磨くんが赴いた日が8月25日だったので8.25事件。出典は中島健人さんです。

*4:「ねっ○○太郎♡」と同じ言い方で

アリアって何?て方はこちらなどを。


http://ja.m.wikipedia.org/wiki/アリア

http://m.kotobank.jp/word/アリア?dic=sekaidaihyakka

私達オペラ歌手は、キャリアを始めるにあたり、少なくとも数曲、上手に、魅力的に歌える、おハコ的なアリアを幾つか持っているものです。
もちろん、どっぷり?オペラ歌手になってからでも、コンサートなどではアリアだけを取り出して歌うことも多いので、「お得意のアリア」は常に必要!

ちなみに、イタリア語では、おハコのことを、
Cavallo di battaglia(カヴァッロ ディ バッターリア)
と言い、戦いの為の馬、必勝の名馬、という意味。
日本語のおハコ、18番、に比べて熱いです!!
これを何頭所持しているか、どれほどの名馬で、どのように乗りこなすかが、腕の見せ所。


さて、先日より積極的に広報しております演奏会。

f:id:toriki841:20140501223339j:plainf:id:toriki841:20140501223357j:plain

よろしければご覧ください↓
http://yayoitoriki-mezzosoprano.hatenadiary.jp/entry/2014/04/05/153059


こちらで私が歌ううちの一曲が、

ドニゼッティ作曲
オペラ《ラ・ファヴォリータ / La Favorita(寵姫)》
の中で、レオノーラ/ Leonora(役名)が歌う
「ああ、私のフェルナンド / O mio Fernando!」

というアリアです。

私がこのアリアを最初に歌ったのは確か大学2年生の時で、19歳でした。試験で歌ったのかな。

レパートリーを考える場合、「役全体が歌えないのであれば、アリアだけ取り出して歌えても意味がない」という意見もあり、それに即すると、学生がこの曲を歌うのなんて全くの無意味なんですが......。

当時は「かっこいい曲〜」くらいに思って喜んで歌っていました。

あとは、姉が大ファンで読んでいた青池保子さんの「アルカサルー王城」が、このオペラ《ラ・ファヴォリータ》のストーリーの少しあとから始まるお話で、
「このアリア歌うレオノーラってこの人だ〜!わー、脇役ー!悪役ー!」
なんていうことも見つけ、歴史へのスポットライトの当て方も様々だな、と感心したりもしました。

アルカサルー王城ー 1 (秋田文庫 20-27)

アルカサルー王城ー 1 (秋田文庫 20-27)

  • 作者: 青池保子
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2008/07/10
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る



その後、大学4年生のときに私の音楽の母、オブラスツォワ先生とまた勉強し、私達の間では、この曲の途中、あるひとつの音が、「ヤヨイが初めて自分の声を見つけた場所」と認識されています。
詳しく言うと、「...come il perdono...」という歌詞の、「i」のとこですので、もし「あ、それ、私も〜!」というお仲間がいたら是非ご一報下さい。......いたらすごいな(笑)。

そういえば初めて作ってもらったドレスも(当時、あまり安価でデザインの良いドレスが今のようにはなく、作ってもらう方が買うより安かった!)、このアリアのイメージに合わせて生地を選んだりしたので、学校以外で人前で初めて歌ったアリアもこの曲だったのかも。
若者にしては地味な、ダークグリーンに黒の地模様のドレスでした。


それからも様々な場所でこのアリアを歌いました。

イタリアに行って、この役、この曲がどれほど偉大かというイメージを掴んでからは逆に歌いにくくなったりもしました。
スペインでは、変なカット(曲の短縮)をして歌えと言われて主催者と大ゲンカしたり。


ある時期は、アリアの出だしの、ミー ソーファ ミーソファミ...というあまりにもシンプルな音形に腹が立ってきて(笑)、「ベッリーニに比べたらやっぱ、ドニゼッティはいまいちじゃない?ミーソファミーソファミ、て、なんやそれ」
みたいな意味不明の因縁をつけて、ドニゼッティ大好きな先輩歌手を怒らせたり。

再び聞いてみますが、「私も〜!」てメゾソプラノ仲間、いませんか?

あ、あと、アメリカで会ったブラジル人がフェルナンド、て名前だったので、自分がオペラ歌手で、
「O mio Fernandoっていう素敵なアリアがあるんだよ」
と話したら、彼は英語を解さず、曲名部分だけを理解したので(「ああ、私のフェルナンド」です。笑)、なんだか勘違いが生じたりもしたなあ......。


そんな想い出のアリア、帰国、出産してからは風呂場でしか歌っていない気がする...。
かつては中々相性の良い「戦いの馬」でした。
久々の乗り心地はどうかな?

母ちゃん、負けないよー!!

過去の「シンゴジラ×岡本喜八」な記事にアクセスがいまも多くて、恐れ多いというか恐悦至極というかな日々…

asitanoyamasita.hateblo.jp

 その記事の末尾に、岡本喜八監督の「肉弾」という映画のアマゾンリンク貼ってるんですが、調べたらこれのクリックがかなり多いみたいで…同監督の「沖縄決戦」より数倍あったり。

これ密かに注目度が高い…?それならならせっかくだし観た感想とか書いといくべきじゃん?!っていう今回はそんな感じです。

 

 

 

戦時モノなのにどこか気楽な物語の導入

まずこの映画で驚いたのは、思ってたより全然親しみやすく、気楽に見始められたこと!
なんせ「肉弾」ってなんだかおっかないタイトルだし、戦時中を描くドラマならシンミリなのかシリアスなのか…そんな抱いてたイメージとのギャップに驚きです。

あらすじとしては、主人公が肉弾特攻を命じられたその前日、最期の休日を過ごしそして…って感じ。

ただ映画が始まってみると、さえない風貌の主人公が食べ物を盗んだ罰でハダカにひんむかれたり、立ち寄った本屋のじいさんのおしっこを手伝ってあげたり、死ぬ前にせめて童貞を捨てようと売春宿に行ったら『バケモノ』が出てきて強引に襲われトホホ…

という感じで、なんとも笑いどころが満載。

 

f:id:asitanoyamasita:20060214173952j:plain

初々しい女学生ヒロインとのロマンスも描かれるし、各シーンのテンポのよいセリフまわしや個性のきいたキャラクターたちがみな活き活きとしています。

もちろん戦争時代を描くので悲痛な場面もあるのですが、楽しく見れる青春映画のようでもあって、ここら辺が思ったより見やすい・親しみやすい作品だなーと思ったゆえん。

 

 

あまりに無常で滑稽な主人公の最期

ヒロインとも相通じ合い、様々な人たちの出会いから自分の生きた時代を想いつつ休日を終え、いよいよ使命を果たすときが!と決意する主人公。

しかしこの終盤あたりから、「戦争」というものの影がにじみよってきて、その短かい休日で過ごした思い出も、出会った経験や決意も、無残に崩れ去っていくなんともやるせない展開に。

f:id:asitanoyamasita:20110321170913j:plain

 

最期の最期には米軍へ一矢報いるチャンスが到来し、主人公は怒りに満ちたまさに「肉弾」の近接特攻を仕掛けるのですが、なんともバカバカしい構図で攻撃はあえなく失敗。

復讐も果たせなければ、死してあだ花になることすら出来ず、そのまままったく戦場とは関係ない場所で、これまたバカバカしい成り行きのすえ死を遂げる主人公…ラストは強烈に皮肉な演出でもって物語が終わります。*1

 

 

一市民をどこまでも嘲笑い翻弄した「戦争の時代」への怒り

薄情な言い方をすれば、この映画の主人公はまるで哀れなピエロのようです。戦争末期という時代に翻弄されて、笑おうにも笑えないこっけいで無常な最期で青春を終えて…

つまりは、戦争という時代はどこまでも一市民を巻き込んで苦しめ、弄び、道化のように仕立てあげて、笑い者にして…ふざけるな!馬鹿野郎!という時代への怒り。反戦と平和への祈りを…なんてしんみりセンチメンタルなのとは真逆で、もっと激しくダイレクトなメッセージを発している作品だなと。

 

もし自分が観た映像作品のなかで"太平洋戦争の苦しみ"を知れる作品といえば?と聞かれたら、一兵士の苦しみを知りたいのなら「ザ・パシフィック」*2。一市民の苦しみを知りたいのなら「肉弾」を見るべし!と答えたい。

 

 

*1:ココが有名なラストシーンで観る前にも知ってたんですが、やはり本編を通してみると心に迫ってくるものが違いました

*2:太平洋戦線の熱帯地域という環境での従軍…の苦しみがイヤというほどわかる傑作ドラマ

リフォームもいいかな?って最近よく思うようになりました。劇的ビフォーアフターって言うテレビ番組をよく見るんですけれど、なんか新築住宅より良くなくない!?って思う時が良くあるんですよね〜テレビだから、デザイン費含まずって書かれていますけど、そこが一番知りたいんですよね^^;

今日は天気がいいから、布団を干す人が多そうだね。我が家では、布団は室内で布団乾燥機で干します。外に干しても、家ダニはほとんど死なないそうだし、花粉もいっぱい付きそうだからね。


昨晩、子供の相手にゲームに付き合わされ目の奥が痛い^^;
最近のゲームって凄くリアルで見入ってしまいました!
昔とすごい違いだね。

あっそうそう最近新築ラッシュかと思うくらい新しく家が建っている!今回はセキスイハイムなんだけれど、みんなさんお金持ちだね^^;結構、高いと思うんだけどな〜
先日、メバルやガシラを狙いに釣りに行って来たんだけれど強風でまったく釣りにならず・・・。せっかく時間をつくって行ったのに(怒)自分の腕が悪いだけか!?


今日は残業が確実にあるだろうな〜 一生懸命しているんだけれど、なかなか仕事が片付かない^^; 要領が悪いというか、根本的に忙しいんだけれどね^^; でもできるだけ早く終われるように頑張ろう!

ちょっぴりお腹周りのお肉が気になるな〜
最近ホントに食べすぎだ!
よ〜し!!
明日は、早起きして愛犬とランニングだ〜
いつまで続くのだろう、このダイエット^^;
スマートフォンの進化ってすごいよね!
俺のスマホなんか、めっちゃ動作が遅いよ^^;
ホントにびっくりするほど遅いんだよ!
最低2年はこの機種で頑張らないと、違約金を払わないといけなかったような・・・(汗)

コンセントのたこ足配線って危ないんですよね。特にテレビの後ろなどの目に見えないところ!こまめに掃除をする人だといいんでしょうけれど、放っておくと誇りまみれに・・・^^;これが火事の原因にもなるんだって(汗


今日のお弁当

 

f:id:hirosyokudou:20161102123603j:plain

 

・ご飯

・ササミのしそ梅肉巻き

・鯖の照り焼き

・ほうれん草とベーコンのスクランブルエッグ

・肉巻きポテト

 

 

今日のお弁当、作ったのはスクランブルエッグだけ(笑)

昨日旦那さんが飲んで帰ってきてからの態度がムカついたので結果こうなりましたw

 

 

お惣菜やら温めるだけやら…でも美味しいからいいでしょ!!

 

 

ポチッとして頂けたら嬉しいです!

↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村